一人当たりの料理代金をどう決める?

全体予算を決めておく

結婚式は人生の中でも最大級のイベントです。そして、新郎新婦にとっても一般的な形の挙式や披露宴を行うとなると、人生の中でも最大規模の出費になるでしょう。
披露宴では多くの参列者がありますが、参列者の楽しみの一つと言えるのが披露宴の時に提供される料理です。この料理の質によって、良い披露宴だったと感じることができます。そのため、新郎新婦は特に披露宴の料理には細心の注意を払うのが良いでしょう。
披露宴で出される料理は、和食、中華、フレンチが定番です。これに和洋折衷等が加わってきます。一人当たりどれくらいの金額設定にすれば良いかを悩むのではなく、全体予算を提示すれば施設側が予算に応じた形で料理の予算を算出してくれます。

メインの料理以外にも費用はかかる

披露宴で提供される料理は結婚式全体費用の中でも最も高くつきます。食べ物や飲み物だけをとってみると、食事のタイミング以外にも飲食で費用はかかります。
具体的にはウエルカムドリンクやウエディングケーキです。ですから、披露宴ではかなりの出費が予想されるので、担当者と打ち合わせをするときはできるだけ慎重に打ち合わせを交わしていき、変更があったときは速やかに修正見積を提示してもらいましょう。
細かく常にチェックしていけば、大幅に予算オーバーすることがなくなります。結婚式では多くの費用がかかるので、気持ちが大きくなりすぎないように注意していくことが大切です。
ただ、挙式や披露宴でかかる全体費用の大半は、参列者からのご祝儀である程度は賄えることを覚えておきましょう。

© Copyright Fancy Wedding. All Rights Reserved.