どんな飲み物を選べばいい?

アルコール飲料はお料理に合わせて

結婚式のお料理にこだわりたいなら、飲み物にも配慮することが大切です。まずは、アルコール飲料の選択を慎重に行いましょう。和食もしくは洋食、中華料理など、お料理に合わせて選ぶことがポイントです。和食の場合には日本酒が適しています。お燗と冷やの両方をそろえておけば、ゲストが好みに応じて選べます。また、洋食ならばワインやシャンパン、ウイスキーなど、お料理の内容を吟味しながら用意しましょう。複数の選択肢を用意しておけば、ゲストが自由に決めることができます。さらに、中華料理には、紹興酒など中国のアルコール飲料がぴったりです。尚、ビールはどのようなお料理にも合うアルコール飲料ですから、準備しておくと重宝されます。

ソフトドリンクも用意しよう

結婚式に招待したゲストの中には、未成年者やアルコール飲料が飲めない方も参列します。そのような方たちのために、アルコールが含まれていないソフトドリンクを用意しましょう。ウーロン茶はさまざまなお料理に合いますからおすすめです。炭酸水も人気が高い飲み物です。また、ジュースの種類を豊富にそろえておくと、子どもから喜ばれます。オレンジやリンゴ、グレープなどのジュースをリストアップしておきましょう。さらに、食後のデザートと一緒に提供する飲み物について吟味することも大事です。コーヒーが一般的ですが、中には紅茶を好むゲストもいます。どちらかの飲み物を選べるようにしておけば、結婚式の料理に対する好感度がアップします。

© Copyright Fancy Wedding. All Rights Reserved.