映像は自前?それともプロに頼む?

自前で撮影するときのポイント

結婚式は写真やビデオ撮影の依頼など、意外なところでお金がかかるものです。映像をプロに頼まず自前で撮れば、コストも大きく抑えられます。友人や親族など、撮影が得意な方に頼んでみるのも良いでしょう。機材はなるべく自分たちで用意して、相手が負担を感じないように配慮することも大事です。どんなイメージで撮影してもらうかなど、進行の流れも詳しく伝えておきます。撮影時間が長くなりそうなときは、予備のバッテリーやメモリーカードを用意しておくと安心です。もし機材にトラブルがあった場合は、サブカメラやスマホで撮影してもらう方法もあります。料理や花などの小物も撮ってもらうことで、式の情景も思い出しやすくなるはずです。

プロに頼むときのポイント

プロに撮影を依頼すると10~15万円ほどの料金がかかります。式場の見積もりにセットで含まれていることも多いです。データの受け取りや映像編集など、オプションによって料金も変わってきます。式の費用と合わせると割引がきくこともあるのでお得です。構図などにこだわりたい場合は、外部のカメラマンへ依頼する方法もあります。料金相場は5~20万円と幅広く、カメラマンの実績が多いほど高くなっているのが特徴です。クオリティを重視するなら、ある程度の金額は必要になってきます。一部の式場はカメラマンの外注を許可していない場合もあるので、事前に確認しておくと安心です。迷ったときには式場のカメラマンを選ぶと良いでしょう。

© Copyright Fancy Wedding. All Rights Reserved.